【仕事の幅が広がる】大型特殊免許の取得方法をリサーチ

Menu

短期間で覚えることが必要

教習所

仕組みを理解する

大型特殊免許は教習所で実際にホイールローダーなどを使って進められます。教習内容としては、学科が10時間で実技が12時間となっています。ちなみに、普通免許などの所持免許によって学科が免除になることもあります。それに加えて、実技も6時間に短縮されるため短時間で感覚を磨き、習得していくことが必要です。そのため、大型特殊免許を取得しようとする人の多くが、普通免許などを所持した状態の人が多いです。そして、一段階と二段階に分かれていますが、公道を走ることはなく校内のコースを練習して卒業検定を受けることになります。一段階では基本となる操作の仕方や特徴を掴んでいくことになります。ちなみに、教習車両によって異なりますが、中折れ式になってことが多く内輪差がなく前輪が通ったところを後輪が通るようになっています。この点は、普通車と異なりますが、短期間で慣れる人が多く違和感なく行えるようになります。細かい部分では、アーム操作や方向転換などをマスターしていきます。一段階で基本的な操作などをマスターしたら二段階に移ります。二段階では、信号機や踏切など公道で走るのと同じように交通ルールに従って走行をします。大型特殊免許では、車両は特殊になりますが交通ルールは同じなので、ポイントを掴んで練習することが必要です。ちなみに、卒業検定のコースも練習に含まれていますが、実際の試験では検定員がコースを教えてくれるのでその点は心配いりません。卒業検定に無事に合格すると免許センターに行き手続きができます。そして、普通免許などを持っていると、学科試験はなく視力検査等で終わり大型特殊免許証をすぐに交付してもらうことができます。

Copyright© 2018 【仕事の幅が広がる】大型特殊免許の取得方法をリサーチ All Rights Reserved.