【仕事の幅が広がる】大型特殊免許の取得方法をリサーチ

Menu

手軽に取得できます

免許

所持免許で料金が変わる

大型特殊免許は建設機械などを運転するための免許で、クレーン車などを公道で走行させる場合に必要となります。そして、取得免許によって料金が異なり、普通免許などを持っていると安くなります。例えば、何も免許を持っていない人の場合は17万円から20万円ほどになります。しかし、普通免許を持っていることによって10万円前後で大型特殊免許を取得することができます。この金額の差は教習時間や内容が関係していて、普通免許を持っていると学科が免除になります。そのため、その部分の費用を抑えられるというわけです。実技も12時間なのですが、普通免許を持っている人は最短6時間と短縮されます。そして、実技は校内のコースを走行するようになっていて、車の大きさに慣れることで比較的簡単に取得できるとして人気があります。そのため、大型特殊免許を取得する人は普通免許を取得してからという人が多いです。そして、大型特殊免許は公道を走行することができますが、道路工事など作業をする時には別途作業免許などが必要になります。その中で、車両系建設機械も一緒に取得することで走行も作業もすることができるようになります。ちなみに、大型特殊免許は先ほどもあったように10万円前後で取得できますが、職業訓練給付金を活用することによって2割ほどをハローワークから負担してもらうことができます。自動車学校によっては大型特殊免許と車両系建設機械をセットで取得できるところもあります。これによって、短期間で同時に教習を進めることができます。そして、幅広い車を運転できるようになるため、仕事の幅も広げることができ人気の免許となっています。

Copyright© 2018 【仕事の幅が広がる】大型特殊免許の取得方法をリサーチ All Rights Reserved.